東洋医学による治療

東洋医学による治療

坐骨神経痛の治療は、その原因となる疾患によって治療法も変わってきます。
原因が椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症といった、骨や筋肉などの疲労や老化などである場合には、痛みの軽減や血流を促進するために薬が投与されることがあります。

患者さんの中には、薬に対する副作用を心配する方もいらっしゃいますので、そのような患者さんに対しては漢方薬で対応する場合もあります。

漢方では神経痛・関節痛などの痛みの原因が「血の滞り」にあると考え、血の巡りを良くし、慢性化した痛みを改善するための漢方薬を投与します。

しかし、漢方薬は、服用した患者さんよる主観的な効果報告はあるのですが、客観的なデータがとりにくいという実情があり、その効果を評価することは困難といえるかもしれません。

また、坐骨神経痛の一番の悩みである、痛みを解消する方法として、鍼灸による治療も良く行われています。

東洋医学では、人間の皮膚の下には生命力を意味する「気」が流れる経絡が通っていて、この経路が妨げられると病気が生じる、と考えられています。
鍼灸治療は、ことに対する対処法で、通常1~20本の細い針を皮膚に10~30分間ほど挿入し、「気」の流れをスムーズにする為に、経路の遮断物を取り除いて行くものです。

指圧も鍼灸治療と同様、経絡に「気」が流れているという考え方に基づき、体にある「ツボ」を指で押すことによって、「気」の流れを促進して痛みやストレスなどの症状を緩和します。

このように、東洋医学では、患部に直接訴えかけて痛みを取り除くのではなく、身体に起こっている不具合が、精神的、感情的なものも原因していると捉え、治療を行う事に特徴があります。

患者さんの中には西洋医学よりも、このような所謂、「補完代替療法」を選択される方も沢山いらっしゃいます。

ただ、これらの治療による効果や予防性に関して、まだ医学的な根拠は示されていませんので、信頼のできる整体院や鍼灸院を選ぶことが重要となってきます。
施術師からはきちんと説明を受け、自分で納得をした上で施術を受けなければなりません。