ヘルニア型坐骨神経痛

ヘルニア型坐骨神経痛

坐骨神経痛は病名ではなく、お尻や足に痛みやしびれを感じる症状名です。
坐骨神経痛の可能性を疑うとき、何が原因で坐骨神経痛になっているのかを知ることが、治療をする上で必要となってきます。

簡単な基本のチェックとして、まっすぐに立った姿勢から上体を後ろに倒すと痛みが増すときは狭窄型坐骨神経痛で、脊柱管狭窄症などが原因となっています。
狭窄型は50代以降の人に多く発症します。

逆に前に倒すと痛みが増加する時はヘルニア型坐骨神経痛で、腰椎椎間板ヘルニアが原因であることが多いく、ヘルニア型は30代前後の若い人の間に多い坐骨神経痛です。

これらの疾患は、普段の姿勢や動きなどが痛みに大きく影響してきますので、日頃から自分の姿勢や体の動きには注意を払う必要があります。

例えばヘルニア型の坐骨神経痛を患っている人は、からだを前に倒す姿勢や動作は厳禁です。

一般的に腰痛の改善と予防には腹筋・背筋を鍛えると良いといわれていますが、椎間板ヘルニアなどの急性期の痛みが生じている時の運動は厳禁です。

また、ヘルニア型坐骨神経痛の人は、前傾姿勢をとる、あぐらをかく、横すわりをする、やわらかいソファに座る、柔らかすぎる布団で寝る、足を投げ出して座る、などの行為は避けるようにしなければなりません。

正座を行なうときは、膝と太ももの間に座布団かクッションを挟むようにするとよいでしょう。
朝の洗面時には、片足を20㎝ほどの高さの台に置いて洗面すると腰への負担が軽減されます。