「梨状筋症候群」と坐骨神経痛

「梨状筋症候群」と坐骨神経痛

梨状筋は、臀部の奥にある筋肉のことで、その真下には坐骨神経があります。

梨状筋は股関節における大腿骨の外旋筋ですが、単独で機能するような主導筋ではなく、臀部に存在する筋肉の働きをサポートする役目を持っています。
股関節を固定すると、仙骨を伸展し、仙骨を固定すると股間節を外旋します。

また、梨状筋の下に坐骨神経が走っていることから、坐骨神経が刺激を受けることがあり、これによって「坐骨神経痛」が出ることがあり、これを「梨状筋症候群」と呼んでいます。
梨状筋付近の大臀筋、中臀筋、小臀筋に劣化や弛緩が生じて、梨状筋の機能をサポートしきれない状態のことを言います。

大臀筋とは、お尻をカバーしている筋肉で、しゃがんだ状態から立ち上がったりジャンプをするような動作や、階段の上り下りや歩く際に脚を後ろへ振り上げるときに働く筋肉ので、股関節を体の後方に向かって伸ばすときには、大殿筋の筋力が重要になってきます。しかし、現代人は歩く機会が一昔前に比べると少なくなっており、この大臀筋の使用頻度も減っています。

また、運動不足や加齢で機能する機会が少なくなった大臀筋は、徐々に伸縮能力が衰えて弛緩していってしまいます。
そこで中臀筋や小臀筋がそれをカバーしようとするのですが、中臀筋や小臀筋は本来の役割だけで手一杯なので、それほど長くサポートすることはできないのです。

中臀筋や小臀筋は、疲弊すると硬くなり肥大化してしまい、さらに梨状筋を圧迫するようになり、梨状筋はもとあった場所より下へと強制的に移動させられてしまいます。

梨状筋症候群の症状は、お尻の裏側から太もも、膝の裏、くるぶしにかけてピリピリとした痛みがあり、坐骨神経痛と同じような症状です。

病院によっては梨状筋症候群と坐骨神経痛を同一視する場合もありますが、坐骨神経痛の原因が梨状筋症候群であるという事で、治療は梨状筋を鍛えることが優先されなければなりません。

臀部や太ももに痺れが生じた際には梨状筋症候群を疑ってみましょう。
症状が軽度であればインナーマッスルを鍛えることで、坐骨神経痛を予防することも可能です。