若者に多くなった坐骨神経痛

若者に多くなった坐骨神経痛

坐骨神経痛は臀部の痛みや下肢に痛み・しびれを伴う症状の総称で、様々な症状をあわせて坐骨神経痛と呼んでいるので、一口に坐骨神経痛といっても、様々な病気が隠れていることがあるのです。

坐骨神経痛を病院で詳しく見てもらうと、多くの場合で腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニア、梨状筋症候群といった名前で治療するようになります。

症状は運動、知覚系、自立神経系統にも分けられ、坐骨神経痛はかなり範囲の広い症状を含んでいて、症状は様々でまた年齢によっても異なります

坐骨神経痛は筋肉疲労によっておこる機能不全が原因の場合や、また股関節のゆがみによって引き起こされる場合もあります。

坐骨神経痛は現代病ともいえ、腰に対し負担のかかる姿勢を長時間続けてしまうと坐骨神経痛になってしまう可能性は高くなります。

近年はパソコン操作を中心に長時間のデスクワークが当たり前となっており、デスクワークの仕事、又長時間の車の運転、運動不足による筋肉の機能不全が原因で坐骨神経痛を発症してしまうことはよくあります。

坐骨神経痛は決して高齢者特有のものではなく、現代において坐骨神経痛は若者にも多く発症する可能性があるのです。
坐骨神経痛は体質というよりも環境に大きく左右される症状だといえるでしょう。

坐骨神経痛は突然発症することが多いのですが、予防対策を講じることで未然に防ぐことは可能です。

長時間のデスクワークやクルマの運転を強いられる場合には、腰の位置をこまめに動かすこと、できればなるべく休息をとって軽い運動をするなどの工夫が必要です。
坐骨神経痛はお年寄りの方だけでなく若者も対処しなければいけない問題なのです。