坐骨神経痛とヨガに関する注意点

坐骨神経痛とヨガに関する注意点

ヨガには心身を穏やかにして、健全な状態にする効果があるといわれていますが、深い呼吸とゆったりとした動きが坐骨神経痛の改善にも有効であるとされています。

ヨガは、ヨガマットさえあれば場所を選ばず行えます。
ヨガを始める動機は「ダイエット」という方も多いと思いますが、継続的にヨガをすることで脊椎や骨盤に生じている歪みが矯正されて、腰や下肢への負担が軽減することもわかっています。

体の柔軟性を高めるのはもちろん、ヨガ特有の呼吸法は腹腔内圧と腹筋強化、自律神経の安定などに効果があります。

しかし、注意しなければならないのが、坐骨神経痛の原因によってはヨガを行うことによって悪化してしまう可能性があるということです。

原因に関係なく急性期(痛みが激しい時)は絶対安静が必要ですから、坐骨神経痛の痛みがおさまっていない時には、ヨガはお勧めできません。

また、骨盤内に腫瘍ができている場合、椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛の場合にも、ヨガで痛みや原因を解消することはできません。

ヨガを始める前には、病院できちんと検査を受け、その上で医師と相談し、指示を仰ぐようにした方が賢明です。

神経障害による慢性期の坐骨神経痛、梨状筋が原因での坐骨神経痛はヨガで解消の余地があります。
どの場合でもそうなのですが、強い痛みが起こった場合はその場で注視しなければなりません。

また、無理に行なう事も厳禁で、あくまでも自分のペースで気持ち良いと感じる程度におさめておいた方がいいでしょう。

ヨガは、ストレスの多い生活をしている人にとって精神状態を穏やかにするリラクゼーション効果もあります。
ヨガスタジオに漂う心地いい雰囲気は、坐骨神経痛による痛みやしびれの改善にもいい影響を与えるはずで、ストレス解消になることは間違いないと思います。