椎間関節性腰痛症

椎間関節性腰痛症

一般的に坐骨神経痛といわれる場合には、その症状を発する大元の原因があり、またそれらは多岐にわたっています。

その一つに椎間関節性腰痛があり、この腰痛は重い物を持ち上げたり無理な姿勢をとったりすると発症することがあります。
これは、もともと腰痛とは縁のない方でも、急に椎間関節性腰痛症を発症する場合があるという事になります。

椎間関節とは、椎骨の間にある左右1対の滑膜を有する関節で、椎骨間の支持・連結を行い椎間関節脊柱の働きの制御をし、安定を保ちます。

椎間関節性腰痛症とは腰痛の原因が椎間関節にある腰痛の総称で、筋・筋膜性腰痛症と同様にぎっくり腰(急性腰痛症)の代表的な病態です。

急性の椎間関節性腰痛症は30歳代が最も多く、慢性の椎間関節性腰痛症は中高年に多いといわれています。

椎間関節の関節包には脊髄神経後枝(脊髄神経が椎間孔で2つに分岐したうちの後方に伸びる枝のこと)が多く分布し、関節軟骨部にも多くの知覚神経が分布しています。
椎間関節は物理的なストレスを受けやすいため、この関節に変性や炎症が起きると腰痛が現われます。

腰の運動の大半は、一番下の腰椎(L5)と骨盤の間にある関節と、L4、L5との間にある関節が担っています。

したがって椎間関節性腰痛が多発するのもこの部位で、腰椎の下部にあたる部位で椎間関節の痛みが特徴的にみられます。

また、関連痛として臀部やふくらはぎの後部のほか、太ももの付け根の部分や骨盤の上のほうにも痛みやしびれがあらわれるようになり、これがいわゆる坐骨神経痛です。

椎間関節性腰痛症の対処法としては、まず安静にすること大事で、病院での治療では除痛を目的とした鎮痛消炎剤などが処方されます。

安静・除痛で概ね軽快しますが、慢性化するとコリや鈍い痛みが消えにくくなりますので、一度でも椎間関節を傷めて腰痛がおきた場合は無理をしないように心がけなければなりません。

また、強い痛みが引いたら、少しずつ体を動かして関節や筋肉の緊張をほぐしていくことが大切です。