坐骨神経痛の原因「椎間板ヘルニア」

坐骨神経痛の原因「椎間板ヘルニア」

坐骨神経痛は、お尻や下肢に不快な痛みや痺れを伴う疾患です。
その症状が、特に前かがみの状態で激しくなる場合は、坐骨神経痛の原因が腰椎椎間板ヘルニアであると予測されます。

腰痛や坐骨神経痛となると高齢者に多い症状と思われがちですが、腰椎椎間板ヘルニアは20~30代の若い世代によく見られます。

腰椎椎間板ヘルニアとは、脊椎の椎骨と椎骨の間にあってクッションの役割をしている椎間板の繊維輪や髄核の一部が背中側に飛び出した状態のことを言います。

しかし、腰椎椎間板ヘルニアがあっても、椎間板ヘルニアが神経根などを圧迫して炎症を起こしていなければ、必ずしも腰痛や坐骨神経痛の症状があらわれるわけではなく、その場合には経過観察となります。

現在では、MRIが普及したことで椎間板ヘルニアの状態を鮮明な画像で確認でき、坐骨神経痛との関連も診断可能となっています。

腰椎椎間板ヘルニアの多くは、飛び出したヘルニアが自然に小さくなって引っ込むため、急性期の痛みが激しい時以外は特別な治療をしなくても、普通は3ヶ月程度でおよそ8割の人に改善が見られるそうです。

勿論、この間激しい運動や、重い物を持ち上げるなどの腰に負担のかかる行為は厳に慎まなければなりません。

しかし、腰椎椎間板ヘルニアは自然に治ることが多い反面、再発することも多い疾患です。

無理な姿勢や同じ姿勢を長時間続けることや、身体をひねるようなスポーツなどは極力控えましょう。

長時間にわたっての車を運転やデスクワークを続ける際にはこまめに休息をとり、少しでも体を柔軟にするように心がけて下さい。

腹筋・背筋を鍛える事も重要で、その為には腹式呼吸をマスターして実践することが、身体に無理をかけないで筋力をアップする良い方法だと思います。