間欠跛行の症状

間欠跛行の症状

坐骨神経痛という言葉は、普段ちょっと臀部や下肢に痛みがある場合によく使われる言葉ですが、病名ではありません。

臀部の痛みや下肢の痺れなどがある場合に、自分で判断して使われる症状名で、原因となる疾患があるのです。

坐骨神経痛の原因疾患として、腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアが疑われることがあります。

また坐骨神経痛の特徴として、軽症であればお尻や下肢に痛みやしびれを感じる程度ですが、重症になってくると歩いている途中に足の痛みやしびれが強くなって歩けなくなるという間欠跛行の症状が出てきます。

間欠跛行の状態とは、数分、あるいは数百メートルを歩くと足のしびれや痛みが増してきて、歩けなくなってしまうのですが、しばらくしゃがんで休むことで痛みが治まり、再び歩くことができるようになるというものです。

脊柱管狭窄症が原因の坐骨神経痛の場合、上体を前かがみにすることで痛みが緩和されます。
これは、上体が前かがみになると、脊柱管の狭窄が緩んで神経への圧迫が弱まり、血流が回復して痛みやしびれが和らぐからなのです。

しかし、痛みが治まり再び歩き始めると、しばらくしてまた痛みやしびれが襲ってきて歩けなくなるという状態を繰り返すようになり、悪化してくると、歩ける時間、距離が短くなってきます。

高齢者が乳母車のようなシルバーカーを押して歩いているのを見かけますが、安全の為であることは勿論、歩行器や乳母車などを利用すると前傾姿勢になるので、坐骨神経痛の症状が現れにくくなるからでもあります。

また自転車に乗る姿勢も前かがみになるため、普通に歩く場合に比べて症状が出にくいので、可能な方は自転車で移動すると良いですね。

痛いからといって、家にじっと引きこもっていては筋肉が弱ってしまいます。
自分のできる範囲でウオーキングなどで体を動かすようにしましょう。