原因疾患によるタイプ別坐骨神経痛

原因疾患によるタイプ別坐骨神経痛

坐骨神経痛の原因として、腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアなどが多く関わっています。

そのため坐骨神経痛を「狭窄型坐骨神経痛」、「ヘルニア型坐骨神経痛」、「合併型坐骨神経痛」と3つのタイプに分類することができます。

坐骨神経痛の治療には、薬物療法、神経ブロック療法、理学療法などに併せて、日常生活で行なえる体操やストレッチなどの運動療法も組み合わせて行なっていきますが、原因疾患ごとに禁忌事項などがあるため、注意が必要です。

先ずは病院で診断受けて、坐骨神経痛の原因疾患は何かを知り、それに合わせた治療を行っていくようになります

臀部や下肢に痛みやしびれなどの坐骨神経痛の症状が続いた場合には、セルフチェックをして大まかなことが判断できます。

場所は、布団やベッドのようにやわらかい所で行なうと正確な判断が出来ないことがありますので、身体が安定する平らな場所で行なってください。

【立って上半身を前後に倒してみる】

・狭窄型坐骨神経痛(腰部脊柱管狭窄症が原因)・・・上半身を後ろにそらしたときに痛みやしびれが強くなる

・ヘルニア型坐骨神経痛(腰椎椎間板ヘルニアが原因)・・・上半身を前に倒したときに痛みやしびれが強くなる

・合併型坐骨神経痛(狭窄症とヘルニアを併発)・・・上半身を前に倒しても後ろにそらしても痛みが増す

それぞれのタイプによって明らかな違いがありますので、医師の診断を受ける場合にも参考になると思います。

合併型では、痛みがひどくて体を前後に倒せない事が多く、これは脊椎の疾患が悪化している可能性もあるため、早急に整形外科を受診することが必要です。