急性期の坐骨神経痛

急性期の坐骨神経痛

坐骨神経痛には、急性期の時のものと慢性期の時のものがあります。
坐骨神経痛の急性期というのは、坐骨神経痛が一番悪い状態で一番辛い時期といえるようです。
高齢者に多い事から、放置しがちですが、坐骨神経痛の原因には重篤な疾患が関わっている可能性があるので、先ずは病院で診察を受ける事が重要になってきます。

年齢のせいだと放っておくと、症状は進行するのみで決して良くなることはないのです。
自己判断で民間治療などを行なっていると、逆効果で症状を悪化させてしまう事もあるので、病院で必ず原因疾患を特定して下さい。

急性期の坐骨神経痛は、

・お尻から太ももの裏側、ふくらはぎ、すね、足の指先にかけて迄強いしびれを感じる。
・前かがみになったり、身体を後ろに反らした時に強い痛みを感じる。
・椅子から立ち上がる時など、ある決まった動作をすると激しい痛みを生じる。
・寝返りを打つと、激しい腰の痛み、足にしびれと痛みを感じる。
・足のしびれや痛みがある方の足が鈍感で動かしにくい。
・足・腰のしびれや痛みがものすごい為に、立ち続ける事ができない。
・椅子に同じ姿勢で座っていると、足・腰のしびれや痛みが激しくなり、座っていられなくなる。

などの厳しい症状が特徴です。

坐骨神経痛の治療は、原因疾患ごとに様々な方法があります。
脊椎関連の疾患(椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、急性腰椎症など)や筋肉疲労などからくる坐骨神経痛は、一番の基本は絶対安静です。

症状がピークになっている急性期には無理は禁物です。
コルセットの装着や非ステロイド性の消炎鎮痛剤の飲み薬か座薬などで痛みを軽減させます。

ある程度痛みがおさまってきたら、原因疾患に応じた治療が開始されます。