座骨神経を圧迫しない環境作り

座骨神経を圧迫しない環境作り

座骨神経は腰部から下半身へと足先まで伸びる、人間の体の中で最も太くて長い神経です。

この座骨神経を圧迫することで座骨神経痛を引き起こす可能性があります。
日常生活でも座骨神経を圧迫する状況は沢山あり、誰しもが座骨神経痛を発症する可能性があるのです。

例えば長時間椅子に座り続けるだけでも座骨神経を圧迫します。
デスクワークや車の運転などは坐骨神経痛と密接な関係があります。

このような仕事は、長時間同じ姿勢のまま過ごす事が多いため、坐骨神経痛になりやすい環境だといえるのです。
もちろん仕事以外でも長時間同じ姿勢を保つ行動はできるだけ避けた方がいいでしょう。

仕事で同じ姿勢を長時間強いられることは仕方がないのですが、このような場合には少なくともこまめに休憩をとるようにしましょう。

休憩時間があればいいのですが、ない場合でもこまめに椅子から立ち上がって背伸びをするだけでも構いません。
少しでも心身共にリラックスできる環境を作り出す事が重要なのです。

また、座り方もとても重要なポイントで、座り方が悪いだけで座骨神経痛を引き起こします。
正しい座り方をマスターして、それを意識することが大切です。

・椅子の奥まで深く腰を掛ける
・足を組まない
・座った時に、足の裏が全て床に接する
・机といすの高さを調節する

等は、良い座り方の基本です。

座骨神経痛の進行を防ぐためにも、また予防の為にも、先ずは座骨神経を圧迫しない環境を作り出す事が重要です。