坐骨神経痛の原因・対処法

坐骨神経痛の原因・対処法

坐骨神経は、我々の腰から足元まで伸びている体の中で一番太くて長い神経です。
この坐骨神経が何かの原因で圧迫を受けて痛みや痺れを生じる状態を坐骨神経痛といいます。

坐骨神経は体重を支える部分の間接などにも延びているため、圧迫されることの多い神経でもあるのです。

症状は、体を動かしたときに痛みや痺れを生じたり、天候の変化で症状が酷くなったりするなど、人それぞれで一定しているものではありません。
病院では、患者の症状に合わせた治療が行われます。

坐骨神経痛は、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの特徴的な症状ですが、日常生活の何気ない姿勢などが原因となる場合も多くあります。

例えば、運動不足、座ったままの時間が長い、また食生活の偏りなども坐骨神経に負担を掛けることになり、坐骨神経痛を発症することがあるのです。

坐骨神経痛の症状を改善するにはこのような生活習慣を見直し、改善していく事が重要となります。

ぎっくり腰のように坐骨神経痛に突如見舞われる場合があります。
急性期の坐骨神経痛は激痛に襲われることが多く、立つことも椅子に座ることもできない事が多いので、応急処置としてはまずは横になって安静にする事です。

そして、ある程度痛みが治まったら、整形外科などの専門医の診断を受けるようにして下さい。
レントゲンやMRIなどで坐骨神経痛の原因を特定できますので、医師はその状況に応じた治療を開始していきます。

坐骨神経痛の治療の方法としては整形外科に行くほか、民間療法(整骨院、カイロプラスティック、針灸、整体)などでも可能ですが、国家資格を必要としないものもありますので、技術の良し悪しの見極めが重要となります。

自分で比較的楽に体が動かせるようであれば、医師と相談の上、自分の状態に合った運動をする事や日常生活・食生活の見直しをする事も大切な治療といえます。
それは再発防止にも大きな役割を果たすことになります。

散歩、水中歩行、ラジオ体操、ヨガなど軽い運動でも十分効果的なので、継続して行う事を心がけて下さい。