間欠跛行

間欠跛行

お尻から足にかけてピリピリと電気が走るような痛みがあったり、しびれの症状が現れてくると、我々はこれを坐骨神経痛なのかな・・・と勝手に判断しがちです。

坐骨神経痛の特徴として、軽症であればお尻や太もも、足の痛みやしびれを感じる程度なのですが、症状が進行してくると、歩いている途中で足の痛みやしびれが強くなって歩けなくなるという間欠跛行の症状が出てきます。

坐骨神経痛の原因として多いのが、腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアです。
腰部脊柱管狭窄症が深刻になった場合に現れてくるのが間欠跛行です。

脊柱管狭窄症は、神経の通り道である脊柱管が、主に加齢などが原因で狭くなり、中の神経を圧迫するようになるために症状が出る疾患です。

間欠跛行とは、数分あるいは数百メートルを歩くと足のしびれや痛みが増してきて、歩けなくなってしまい、しゃがんで前屈姿勢で休むと又歩けるようになり、歩いたり休んだりを繰り返すようになる状態のことをいいます。

圧迫によって血液が充分でない状態で歩行をすると、さらなる血液不足・・・つまり酸素不足に陥るために発症すると考えられています。

脊柱管狭窄症が原因の坐骨神経痛の場合、しゃがみこんだり椅子に座ったりすると上体が前かがみになり、脊柱管の狭窄が緩んできて症状が緩和されることがあります。

前屈みになることで脊柱管に広さが確保でき、神経への圧迫が弱まり、血流が回復して痛みやしびれが緩和されるのです。
悪化してくると、歩ける時間、距離が短くなってきます。

脊柱管狭窄症による神経性間欠跛行は、下肢痛を主症状の神経根型、下肢・会陰部のしびれ感などの異常感覚を主症状とする馬尾型、および両者の合併した混合型に分類できます。

神経根型は保存療法である程度の回復が期待できますが、馬尾型は保存療法では効果は期待できず、手術の適用となります。

シルバーカーや歩行器を利用すると前傾姿勢になるので、坐骨神経痛の症状があらわれにくくなります。
また自転車も前傾姿勢がとれるので痛みを伴わないで、移動が可能となります。