神経根障害による坐骨神経痛

神経根障害による坐骨神経痛

腰部の椎骨と椎骨の間から出ている神経根は、この出口の部分で何かしらの障害を受ける事により、痛みや痺れなどの神経症状、つまり坐骨神経痛を発します。

神経根に障害を加える要因として一般的に多いのは、老化などの退化性関節症で出来た骨の変形(骨棘)や、椎間板の障害(椎間板ヘルニアなど)、脊椎症、骨関節炎、外傷、感染なども含まれます。

椎骨と椎骨の間にある椎間板に、何らかの影響で亀裂が生じ、椎間板の中心部から髄核が突出してきて神経根が障害を受けるものを椎間板ヘルニアといい、坐骨神経痛の神経根障害の一つです。

椎間板ヘルニアは、仰向けの状態で足を伸ばし、ゆっくり持ち上げいくと坐骨神経の痛みが増強します。(片足を持ち上げるのはストレートレッグレイジング、両足を持ち上げるのはダブルレッグレイジングといいます)

ほとんどの場合、左右どちらかの片側に症状が出ますが、ヘルニアの位置や大きさにより両側に見られることもあります。
比較的若い年齢に多いようで、両足に痛みがある場合は、脊髄内の血腫や腫瘍も考えられますが、MRI検査で判断ができます。

その他、脱臼や脊椎分離症、脊柱管狭窄症でも神経根障害がおこり坐骨神経痛の原因となります。

神経根障害はどれも、片方の足に症状が出てきます。知覚の異常が現れ、深部腱反射(アキレス腱や膝蓋腱などをたたくことで誘発される反射的な動き)が弱くなります。
自覚症状の在る部位によってどこの神経根が傷害されているのかを特定することも可能です。

坐骨神経痛に於いて両側の知覚異常が現れた場合には、まず脊髄病変を疑う必要があります。
「たいしたことない」と考えられがちですが、ほっておくと悪化する事あり、悪化すると筋麻痺が起こります。
足に両側の神経症状が出てきた場合は、必ずメディカルチェク(病院治療)を受けましょう。