坐骨神経痛の原因と対策

坐骨神経痛の原因と対策

坐骨神経痛というのは病名ではなく、何かの疾患が原因で引き起こされるもので、坐骨神経痛の治療は原因疾患を特定する事から始まります。

原因が椎間板ヘルニアや、脊柱管狭窄症である場合には完治は極めて難しいのですが、坐骨神経痛の症状は治療と共におさまってくることが多いのです。

老化が原因の骨の摩耗や異常は、老化を元に戻すことは不可能なので根本的な治療はできません。
しかし、ツボマッサージや、ストレッチなどの対症療法、漢方薬の利用、食生活、生活習慣の見直しなどの方法で治療をする事は可能で、完全に痛みを失くすというのは難しいでしょうが少なくとも老化の進展を遅らせることは可能です。

また、坐骨神経痛は外科手術によって坐骨神経を圧迫している部分を除去するという事もできます。

圧迫している部分を取り除き原因が無くなるので、坐骨神経痛による痛みが解消されるという事にはなるのですが、しかし、老化が原因である以上また原因が作られることは必至です。

それまでの生活習慣を見直して、なぜ坐骨神経痛になったかということを医師と共に考え明確にした上で改善していかなければなりません。

組織の老化による場合には、積極的に日常から運動を取り入れ、栄養のバランスのとれた食生活をきっちりと送る必要があります。

ぎっくり腰などは、運動不足が原因で委縮している筋肉が、急激な動きなどの動作について行けず炎症を起こすために引き起こされたものです。

また、姿勢の悪さが原因で骨盤の歪みなどを生じて坐骨神経痛の原因となる事もあります。
このように必ずどんなことにも原因があるのです。

正しい姿勢を保つ、そして適度に運動するということは坐骨神経痛の再発防止にとってとても重要なことなのです。

足や腰に負担を掛けないことも大切ですから、肥満の方は体重を落とすような食生活をするようにしなければなりませんね。。