梨状筋症候群が原因で起こる坐骨神経痛

梨状筋症候群が原因で起こる坐骨神経痛

梨状筋とは、臀部の奥、骨盤のちょうど真ん中に位置する仙骨から股関節に向かってついている筋肉で、股関節を動かしたり固定したりする筋肉です。

坐骨神経は骨盤から出てきた後に梨状筋の下を通過します。この部分で神経が挟まれる(絞扼される)ことで、臀部の疼痛、下肢に放散する疼痛やしびれをきたす坐骨神経痛の症状が現れます。
これを梨状筋症候群といい、比較的緩徐に発生し、通常はラセーグ徴候が陰性となります。

坐骨神経痛のほとんどは下部腰椎における神経の圧迫が原因で起こります。
その場合、坐骨神経痛の原因疾患はレントゲンやMRIなどで比較的簡単に判断でき、治療の方針が決定されます。

しかし、梨状筋症候群の場合はレントゲンなどでは判断する事が出来ず、原因不明として見過ごされがちになります

病院で坐骨神経痛の治療を受けても、なかなか症状が改善しない場合は、この梨状筋の圧迫が原因となっていることが多いようです。

梨状筋は場合によって原因にたどり着くまでも厄介ですが、梨状筋が長期間拘縮しているような場合には仙骨にも相当のストレスがかかり、仙骨そのものもズレてしまっているようなときはさらに厄介です

梨状筋症候群の原因は単体ではないことが多く、長時間の座ったままで同じ姿勢でいる事や、筋力の低下などがあげられます。

長時間同じ姿勢でいると、梨状筋を始め骨盤まわりの筋肉が収縮をし始め、筋肉の張りが強くなり、梨状筋間で坐骨神経が絞扼されます。

心理的なストレスや運動におけるストレスも関与するところが多いともいわれていて、ストレスがなくなったとたんに症状が軽減する例もあります。

症状は椎間板ヘルニアなどによって起こる根性坐骨神経痛と非常に似ており、鑑別を要する必要があります。

医師と話し合って梨状筋症候群の原因を追究し治療を進めていきますが、姿勢の悪さなどによる筋肉の緊張は、なるべく安静にして薬物や温熱療法で治療を進めていきます。

ストレスが原因と考えられる場合には、ストレスを取り除く努力が必要となります。