坐骨神経痛の基本的な治療法とは

坐骨神経痛の基本的な治療法とは

坐骨神経痛とは、坐骨神経が圧迫され生じる痛みのことで、原因は多岐にわたっており、病名ではなく症状としての総称となります。

坐骨神経痛は骨や筋肉の衰える中高年に限って起こるものではなく 若い人の発症も珍しくありません。

坐骨神経が臀部から太ももの裏、下半身の後ろを通って足先まで伸びているため、症状は臀部から太ももの後ろ側にかけて強烈な痛みが走り、進行すると足の腫れが足先まで伸びていく事もあります。
この症状は湿度や気温の変化で痛みが緩和したり悪化したりを繰り返す特徴があります。

症状にはかなり個人差があるのですが、主な症状としては

・腰、お尻、太もも裏側、すね外側、つま先に痛みやしびれがある。
・立ち上がる、歩く、横になるなど、特定の動作の時などに痛みが強くなる。
・歩行困難や眠れないほどの痛み、しびれがある。

などです。

激痛を伴わない事があり、部分的な鈍痛や違和感、やや不快な気持ちという程度である事から病院に行か無い事があり症状が進行してしまう事があります。

坐骨神経痛の痛みのピークは初期です。
強いみがある急性期には体を動かすと症状が進行してしまいますので、まず「絶対安静」が求められます。

次に炎症が起こっている可能性がありますので、患部を冷やす為に「アイシング」を行いましょう。

コルセットなどで「患部を固定」すると、痛みから少し解放されるかもわかりません。
坐骨神経痛は腰椎部分の炎症なのですが、 酷いときには骨盤のズレも考えられますので、固定は重要な要素となります。

以上のような急性期における処置で、痛みが軽減したら専門医の診断を仰いで原因疾患の特定をしてもらい、治療を進めていきましょう。