坐骨神経痛の治療をどこでするかを選択

坐骨神経痛の治療をどこでするかを選択

坐骨神経痛の特徴は、臀部から下肢、くるぶしにかけてまで、疼痛やしびれがつながって起こることです。

原因がぎっくり腰や椎間板ヘルニアなどであれば、急性期の痛みは何が起こったのかと思うぐらい強烈なものなので、すぐにでも病院で受診することとなるでしょう。

しかし、何となく痛い、痺れが少しあるが我慢できる、などといった漫然とした症状の場合、病院に行かなかったり、行くのが遅れることがあります。

臀部や太ももの裏に痛みやしびれを感じるだけの場合は、圧迫されている個所が少ないので、痛みやしびれの範囲も狭く、まだ坐骨神経痛はそれほど進行していない状態です。

痛みやしびれが太ももからヒザ裏、くるぶしへと伸びてきたら状態は悪化しており、そのまま放置しておくと、歩行障害や排尿障害など重大な症状に結び付く可能性もあります。

腰や臀部、太ももの裏などに違和感がある段階ですぐに病院で診察を受けるようにしたほうが用でしょう。

民間療法で針灸やカイロプラクティクなどという選択肢もありますが、最初は病院の整形外科が良いでしょう。

坐骨神経痛は症状名でその原因となる疾患がありますので、整形外科ではレントゲン検査やMRI検査などで原因疾患を判断してくれます。

坐骨神経痛はヘルペスなどのウイルスが原因となって引き起こされる場合もあり、この場合水泡などが体にあらわれるまで診断がつきにくいのですが、病院では鎮痛剤などの薬物治療を適切に受ける事が出来ます。

民間療法は、原因疾患が確定した後、病院での治療が自分には合わないと感じるようなことがあれば、治療法の一つとして選択しても良いのではないでしょうか。