坐骨神経痛の薬

坐骨神経痛の薬

坐骨神経痛には、その原因となる疾患があります。
治療をするにあたっては根本的な原因を取り除かない限り、痛みは軽くはなるものの、根治することはありません。

坐骨神経痛には、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、梨状筋症候群などのように、骨や筋肉が原因の場合のものと、血行が悪くなることで引き起こされるものとがあります。

前者の場合、薬で痛みを軽くすることはできても、完治させるのは難しいものがありますが、後者の場合では、循環障害改善薬の投与によって症状が改善される可能性が高いといえます。

坐骨神経痛の薬として一般的に処方されるものは、

消炎・鎮痛剤・・・消炎剤は炎症を抑え、鎮痛剤は痛みを抑える
筋弛緩薬・・・筋肉の緊張を和らげ、神経への刺激を軽くする
循環障害改善薬・・・神経組織の血流障害を改善する
ビタミンB12・・・神経細胞を正常に保ち、末梢神経機能を安定させる

などがあります。

しかし、いずれも根本的な原因に有効というわけではなく、対処療法の薬です。
それぞれの薬には副作用がありますので、たとえビタミンB12剤とはいえ過剰摂取には充分注意して医師の処方を守らなければなりません。

坐骨神経痛は、投薬によって劇的に症状が改善するというものでもなく、薬の服用期間が長期になることもあり、副作用が心配されます。

そのため胃腸薬などが並行して投与されることも多いようですが、どうしても副作用が気になる方は、副作用がより少ない漢方薬の服用を医師と相談してみてはいかがでしょうか。