坐骨神経痛の原因と対策あれこれ

坐骨神経痛の原因と対策あれこれ

坐骨神経痛は身体の色々な部位、例えば骨盤や背骨などの歪みなどでバランスが崩れて坐骨神経が圧迫されるために起こるものといわれています。

また、意外な事に顎のズレから坐骨神経痛になってしまうこともあるそうです。
虫歯を治療せずに放置し、同じ場所でしか噛まないことで顎がズレる事もあり、顎がズレてしまうと頭の重さの3倍にもなる強い力が頚椎、脊椎、坐骨神経を圧迫してしまい、坐骨神経痛につながるそうです

坐骨神経痛の症状は、歩いたり座ったりするたびに痛むという方もいれば、中には就寝中も痛みを感じて寝苦しく、坐骨神経痛が原因で睡眠不足になってしまう人もいるようです。

坐骨神経痛の原因疾患として多いのが椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症ですが、痛みの原因が何であれ、坐骨神経痛の場合には足腰を冷やさないというのが生活上の鉄則といえます。

夏場の冷房の冷え過ぎや冬の時期の防寒対策、天気の悪い日、気圧の低い日などは特に気をつけるようにしましょう。

坐骨神経痛を治療する場合、痛みの原因となる疾患によって治療法も変化しますが、病院の整形外科以外でしたら、針やお灸、マッサージなどで治療する方もいらっしゃいます。

坐骨神経痛は、ツボマッサージのように患部を軽く押すと楽になる場合もあるようで、腰まわりに痛みやだるさを感じる時には、ゴルフボールなどを使ってお尻のくぼみや患部のまわりを中心にゆっくりと押してみるのも症状を軽減するための方法といえます。

坐骨神経痛だけではなく、体の健康のためには普段から適度な運動を行うのは大切なことで、ウォーキングやストレッチなどは道具が必要でない事から気軽に始められる運動として人気です。
坐骨神経痛は誰にでも起こりうるものなので、日頃からのケアが重要となります。

坐骨神経痛は痛みを発症する箇所も痛み方も人によって違いがあるものなので、まずは楽になるような方法をいろいろと試してみる事も必要です。