坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛の原因

坐骨神経は、腰椎骨から出てくる第4と第5腰神経と仙骨(骨盤の中央にある逆三角形の骨)から走行する第1~3仙髄神経からなっています。

坐骨神経は骨盤内を通り、股関節の大転子(太ももの骨の外側に一番出っ張っている部分)に付く梨状筋の下を通って太腿の後ろを走行しており、この神経が障害を受けると坐骨神経痛となります。

坐骨神経痛は、坐骨神経が腰椎の隙間から出て骨盤内を走行して、お尻の筋肉から出る間のどこかで、圧迫や絞やくなどの障害を受けて発症すると考えられています。

坐骨神経は小指ほどの太さがあり、また長いので障害を受けやすく、症状の範囲が広くなります。
脚部の知覚や運動も坐骨神経が司っているため、障害を受けると下肢に激痛や痺れを生じ、感覚が鈍くなることがあります。

坐骨神経痛を起こす原因には整形外科的原因の他に、骨盤内腫瘍、血腫、多発性硬化症(脳や脊髄などの中枢神経に脱髄を きたす疾患)、髄膜炎などもありますので、先ずは原因疾患が何であるかを診断する必要がありあす。

一般的に考えられる原因として下記のような事が考えられます。

【神経根障害】

腰椎骨間から出て走行する神経が出口のところで椎間板障害や退化性関節炎、骨関節炎、椎間関節症などの理由で圧迫を受けます。

比較的若い年齢に多く、この場合、症状は片側のみにあらわれる事が多くなっています。
椎間板ヘルニアが原因の場合には、ヘルニアの位置や大きさにより両側に見られることもあります。

両足に痛みがある場合は、脊髄内の血腫や腫瘍も考えられます。

【脊髄病変】

 背骨の中の脊髄神経が、例えば椎間板ヘルニア、骨の変形、骨キョク、外傷、腫瘍などによって圧迫を受けているか、もしくは感染などが考えられ、通常は両足に症状が出てくることが多くなります。

【梨状筋】

坐骨神経は梨状筋の下を走行しており、この筋肉が緊張してしまうと、坐骨神経を圧迫するようになります。
また、坐骨神経が梨状筋の中を走行している事もあり、この場合には痛みがひどいようです。手術で治療する事もありますが、再発の可能性も高いようです。