坐骨神経痛

坐骨神経痛

坐骨神経は、腰椎と骨盤の上にある仙骨から出る神経が一緒になって束になり、臀部の梨状筋の下を通って、太ももの裏側、ふくらはぎなど下肢の後ろ側を通って 足底まで伸びています。

皮膚の表面にとても近い位置を走っていて、末梢神経の中で最も太く長い神経で、膝の裏で総腓骨神経と脛骨神経に分かれます。

坐骨神経痛は神経が腰椎の隙間から出て骨盤をくぐり抜け、梨状筋(お尻の筋肉)から出てくる間のどこかで圧迫や絞扼を受け、坐骨神経が走行しているお尻裏側から足先の広範囲に痛みや痺れの症状が現れるものです。

痛みの原因が腰部にあるため、下肢が痛むからといって下肢のマッサージなどをしても痛みの軽減には寄与しないという事になります。

神経痛の症状は坐骨神経の圧迫の度合いによって変化し、初期はお尻裏側、中期は太腿裏側~膝、そして末期は足先までと痺れの範囲が広がっていきます。

若い人の場合における坐骨神経痛の原因で最も多いのは、腰椎椎間板ヘルニア、次に梨状筋症候群です。

腰椎椎間板ヘルニアの場合には比較的急激には発症することが多く、その場合には激痛を伴い、仰向けの状態で下肢を挙げたり、伸ばしたりすると坐骨神経痛が増強する陽性のラセーグ徴候が特徴です。
ほとんどの場合で、左右どちらかに坐骨神経痛が現れますが、ヘルニアの位置や大きさによっては両側に見られることがあります。

梨状筋症候群は比較的緩やかに発症し、通常はラセーグ徴候が陰性となります。
梨状筋が緊張して坐骨神経を圧迫することや、仕事や運動でのストレスが加わり発症することが多いようです。

一方、高齢者の坐骨神経痛は加齢による骨や組織の衰えからくる、変形性腰椎症や腰部脊柱管狭窄症などの変形疾患が原因の多くを占めています。
また、高齢者は抵抗力の衰えから帯状疱疹による坐骨神経痛を発症する場合もあります。

その他、年齢に関係なく内科的な疾患が原因であることも考えられる場合があり、脊髄腫瘍や骨盤内腫瘍などがその例です。

このような腫瘍性の病変が原因の場合には、激痛に襲われることが多く保存的治療で治りにくいのが特徴です。
ブロック注射で、原因が整形外科的なものかそうでないかを調べることができます。