足のしびれと腰痛

足のしびれと腰痛

足のしびれと腰痛が起こる時は、椎間板ヘルニアや変形性脊椎症、脊柱管狭窄症などが原因となっている場合もあります。

坐骨神経は、足の知覚と運動(感覚神経と運動神経)をつかさどる、ヒトの末梢神経のなかでは最も太くて長い神経ですが、その坐骨神経が障害を受けると足の痛みは勿論、感覚が麻痺したり、運動機能に不具合が生じます。
所謂坐骨神経痛です。

痺れは通常、両足ではなく左右どちらかの足に生じ、ただ単にピリピリするだけのしびれから、悪化した場合には痛くて歩けなくなることもあります。
痺れを伴う腰痛は、重症であることが多く危険な腰痛だと云えます。

しかし、腰痛と痺れが現れるのは、このような整形外科的神経障害が原因であるとは限っておらず、腫瘍や血腫が脊椎近辺にできているといった場合にも、神経を刺激し手足のしびれを感じることがあります。

腫瘍で坐骨神経が圧迫されると腰痛、下肢のしびれ、進行性麻痺が起こり、圧迫されている場所から下の体の感覚が鈍くなります。
またインポテンス、膀胱と腸の調節機能が低下する排泄障害もみられるようになります

また、高齢者を中心に脊柱管狭窄症の方が増えており、症状として腰痛や歩行困難が挙げられます。

脊柱管は背骨を通っていて神経を保護している管ですが、その脊柱管が細くなって神経を
圧迫して、足のしびれや痛みなどの症状があらわれます。

椎間板ヘルニアのような激痛を伴う疾患は嫌が尾でも病院へ行きますが、脊柱管狭窄症や変形性脊椎症や脊柱管狭窄症の場合にはそのような激しい痛みが無いために、つい放置しがちです。

いずれの場合にもレントゲンやMRIによる診断によって、足のしびれや腰痛の原因がわかります。
早期発見・治療で、悪化を防ぎ手術を回避することができます。