坐骨神経痛を改善するには

坐骨神経痛を改善するには

坐骨神経痛を改善する方法としては、

・なるべく重いものをもたない
・長時間同じ姿勢はしない
・激しい運動はさける
・肥満の場合は減量する
・安静にしている
・腰周辺の筋力をつける

といったことがあげられます。

また、ホットパックや温浴などで患部を温めると血行がよくなり、血液によって発痛物質が運び去られるので、痛みが和らぐこともあります。  

ただし、注意しなければならないのは、坐骨神経痛の原因疾患によって治療法が違うという事です。
間違った方法っで治療するとかえって悪化することがあります。
 
また、坐骨神経痛を起こす疾患には、悪化すると歩行が困難になる、座っていられなくなる、排泄の障害が出る、といった重篤な症状を引き起こすものもあります。  

まずは、医師の診断を受けて、原因となっている疾患を判断してもらうことが、とても重要なのです。

整形外科関連の疾患が原因ではなく、腫瘍などのように内科関連の疾患が原因となっていることがありますので、腰痛や下肢に痺れがある場合には早急に医師の診断を受ける必要があります。

なお、腰部周辺の筋力アップを図る体操と、筋肉をほぐすためのストレッチを組み合わせた腰痛体操などは、坐骨神経痛に限らず、腰痛の軽減に有効とされています。
しかしこれも、自己判断では行なわず、医師の承諾を得てから試してみるようにしましょう。