坐骨神経痛と同じような症状を呈する疾患

坐骨神経痛と同じような症状を呈する疾患

下肢の痛みやしびれ、足指先が冷たくなるなどは、まさに坐骨神経痛の症状ですが、実は全く違う病気の症状である事があります

【パージャー病】
閉塞性血栓血管炎とも呼ばれる特定疾患(難病)で公費対象となっています。
四肢の動脈に閉塞性の血管炎をおこす疾患で、四肢の末梢血管(主に動脈)が閉塞し、四肢や手足の指に血液が十分供給されないため、低酸素状態(虚血症状)に陥る病気です。

20~40代の比較的若い男性に多く見られる病気で原因は不明です。
遺伝性の病気ではなく、患者は喫煙歴がある人が9割にものぼるため、喫煙による血管のけいれんが誘因と考えられています。

下肢動脈に好発して、冷感、シビレ感などがあるため、坐骨神経痛と間違われることがあります。
また、寒冷時に冷たいものに触れると手指が蒼白になるレイノー症状が現れます。
坐骨神経痛との違いは、手足にもチアノーゼや痛み、しびれを感じることがある点です。

更にひどくなると間欠性跛行、安静にしている時でも痛みを生じる、閉塞がひどくなり四肢に皮膚潰瘍、壊疽が起こるなどの症状が現れます。

四肢の動脈が閉塞すると、閉塞した動脈の拍動は触知されません。

【閉塞性動脈硬化症】

閉塞性動脈硬化症は、足の血管の動脈硬化がすすみ、血管が細くなったりつまったりして、血流が悪くなる病気です。

坐骨神経痛と同じように、歩行時に足のしびれ、痛み、冷たさを感じます。
さらに進行すると、安静時にも疼痛が現れることがあります。

50~70歳の男性に多く発症し、女性はこの病気全体の8~10%程度にすぎません。
また、ヘビースモーカーや糖尿病のある人に好発します。

治療は動脈硬化の要因となっている高血圧や糖尿病などを治すことと、禁煙と適度な歩行、保温などが効果的です。