梨状筋症候群

梨状筋症候群

座骨神経痛を生じる原因となる疾患は様々あります。

坐骨神経は第4、第5腰神経と第1~第3仙骨神経(L4~S3)の集まりで、多くの座骨神経痛はこれらの神経が圧迫されるために出てくる症状です。

坐骨神経痛の原因疾患で、最も多いのが腰椎椎間板ヘルニアで、その他に腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、腰椎分離症などがあります。

坐骨神経痛の多くは腰椎の椎間板ヘルニアや変形性腰椎症によるもので、脊椎付近で脊髄や神経根の圧迫によって起こります

梨状筋症候群は、坐骨神経が脊椎を離れ梨状筋を通る時に圧迫されると起こる神経症状です。
他の原因疾患とは圧迫される部位が異なっており、坐骨神経痛の原因疾患としては、特殊な疾患ともいえます。

梨状筋は股関節から骨盤上部中心の仙骨にかけての筋肉で、特にランニングのように股関節の屈伸を繰り返すスポーツでは、梨状筋の下を通る坐骨神経を摩擦し、絞扼する為坐骨神経痛を生じるようになるのです。

臀部から下肢にかけて坐骨神経の経路に沿って痛みやしびれを生じるため、腰椎椎間板ヘ
ルニアとの鑑別が必要となります。

一般に梨状筋症候群の場合は、腰痛はなく、股関節外旋や横すわりで体重を患部側にかけると痛みが増強するのが特徴で、通常はラセーグ徴候が陰性です。(椎間板ヘルニアは陽性)

梨状筋症候群を起こす原因は様々あります。
怪我が原因となる場合や、長時間座っていたことによる梨状筋の圧迫などが関係することもあります。