坐骨神経痛治療

坐骨神経痛治療

坐骨神経痛治療は急性期と慢性期では、治療方法が異なります。

・急性期・・・症状・徴候の発現が急激で、炎症を起こしているため激痛があります。
傷み始めて通常48時間くらいまでのことをいいます。
治療は、安静が一番重要で、患部のアイシング、コルセット装着などで痛みの軽減を図ります。

・慢性期・・・発症してから48時間以降で、熱、赤み、腫れ、痛み等が治まってきつつある段階です。
病状は比較的安定しているのですが、治癒が困難な状態が続いている時期であるともいえます。
再発予防、並びに身体機能の維持・改善を目指しながら、長期的な看護、治療を行っていく必要があるといえます。

治療は病院治療や民間治療がありますが原因疾患の特定の為には、レントゲンやMRIなどの画像診断が必要ですから、先ずは病院の整形外科で診断を受けることをお勧めします。

病院での診断は、まずは、整形学検査、問診、レントゲンやMRIなどの画像などによって診断していきます。

急性の坐骨神経痛は、前述の通りまずは安静ですが、慢性の退化性関節炎や脊柱間狭窄などの坐骨神経痛の場合は、安静の必要はありません。
また、炎症が無い限りアイシングをしないで、温めるようにして下さい。

慢性期の場合には、長時間同じ姿勢(立つ、座る、中腰など)でいることを避け、自分に合った適当な運動をするように心がけて下さい。

痛みを取るために消炎剤や痛み止めが処方されますが、飲み薬は胃腸障害や肝、腎障害などの副作用が出てくる事があります。医師に事前に申し出ておきましょう。

慢性期の坐骨神経痛には、血行を良くする為に筋肉の凝りを解消する目的で、ホットパックなどの温熱療法や超音波、低周波、高周波、干渉波などの理学療法も用いられます。

神経根が障害を受けている坐骨神経痛の場合、牽引もよく使われる治療法ですが、かえって悪化を招く場合があるので要注意です。

保存療法を続けてみても痛みに変化が無い場合には、患部に直接麻酔薬を注射する神経ブロックと呼ばれる方法を行います。

これらの治療法で痛みが改善されない場合、更に痛みが増した場合、などには手術が必要になることがあります。

また、梨状筋症候群が原因の坐骨神経痛で、坐骨神経が梨状筋の中を走行するものに対しては、筋肉切除の手術が行われることがあるようです。