腰部脊柱管狭窄症による坐骨神経痛

腰部脊柱管狭窄症による坐骨神経痛

間欠跛行とは腰部脊柱管狭窄症による特徴的な症状のひとつです。
歩き始めてしばらくすると腰から下肢に掛けて痛みやしびれなどの坐骨神経痛の症状が現れ徐々に歩けなくなります。

狭窄症が原因の坐骨神経痛の場合、しばらくしゃがんで前傾姿勢で休憩を取ると坐骨神経痛をはじめとする痛みやしびれは自然に消滅し、また歩けるようになります。

痛みが治まり再び歩き始めると、しばらくしてまた痛みやしびれが襲ってきて歩けなくなります。間欠跛行ではこの症状を繰り返します。
悪化してくると、歩ける時間、距離が段々と短くなってきます。

間欠跛行は身体をやや前屈して丸めた状態では出現しないのですが、後ろにそらした状態で出現しやすくなります。
これは、背を丸める事で脊柱管のスペースが広くなり神経への圧迫が解かれ、血流も良くなるからです。

シルバーカーを押したり歩行器を利用すると前傾姿勢になるので、坐骨神経痛の症状があらわれにくくなります。
また自転車に乗った場合も前傾姿勢をとるため、普通に歩く場合に比べて症状が出にくくなります。

腰部脊柱管狭窄症による間欠跛行は神経性によるもので、神経根性間欠跛行といわれており、多くの場合、症状は左右どちらかの脚に現れます。

しかし、馬尾神経や脊髄神経が障害を受けている場合には、両方の脚に症状がでることが多いようです。

またバージャー病や閉塞性動脈硬化症など下肢の血行が悪くなることでも間欠跛行が発症する血管性間欠跛行もあります。

バージャー病(閉塞性血栓血管炎)は四肢の末梢動脈、とくに下肢に発生し、慢性動脈閉塞を引き起こす原因は不明の血管炎です。
圧倒的に男性に多くみられ、喫煙との関係が強く疑われています。

閉塞性動脈硬化症は、足の血管の動脈硬化が進行し、充分な血流が保てなくなる病気です。血液の流れが悪くなるため、歩行時に足のしびれ、痛み、冷たさを感じます。
さらに進行すると、安静時にも症状が現れることがあり、壊死してしまう事があります。

これらの疾患は、腰部脊柱管狭窄症による坐骨神経との鑑別が重要になります。