坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは

坐骨神経 は第4・5番目の腰椎の神経と仙骨の前面から出る神経の束(仙骨神経叢)が合わさり、梨状筋の下を通って大腿後面を下行し、膝の裏で総腓骨神経と脛骨神経に分かれ足の甲と足の裏に続いています。

 歩いたり、転ばないようにバランスをとる等、下肢の動きや皮膚感覚に関しては、脳(中枢)からの指令が脊髄を通り、坐骨神経(末梢神経)に伝えられています。

人体の中で最大の神経で鉛筆ほどの太さがあり、抹消までの長さは1m以上もあります。

坐骨神経痛は、神経が腰椎の椎間孔から出て骨盤をくぐり抜け、お尻の筋肉から出てくる間のどこかで、圧迫や絞扼などの障害を受けた場合に発症するものです。

お尻の裏側から太腿の裏側、そして膝から足先へと、徐々に伸びていく下肢の痺れや痛み「坐骨神経痛」の可能性が高いといえます。

主に腰痛椎間板ヘルニア,脊柱管狭窄症,すべり症といった腰の疾患が原因となっていることが多く、最初の症状は鈍痛なので我慢してしまいがちですが、徐々に下へと伸びていきます。

腰痛椎間板ヘルニアが原因の場合は激痛を伴う事も多く、「歩いたり座ったり」という行動が制限されるため、日常生活に大きな支障を来たします。

発症する年齢は若い世代から高齢者までと広範囲なのですが、原因は世代で異なっている場合が多いようです。

若年層の場合は「椎間板ヘルニア」から併発するものが多く、年配の方の場合は「脊椎分離・すべり症」や「脊柱管狭窄症」が原因となる事が多いようです。

脊柱管狭窄症などでは、鈍痛の場合は歩く際に少し痛みを感じる程度なのですが、症状が進行してくると痛みや痺れの範囲がお尻から足先へと拡大し激痛を伴う事もあり歩けなくなります。

前屈みで少し休憩するとまた歩けるようにはなるのですが、しばらくするとまた歩けなくなります。(間欠性跛行)
更には背中を反らせる事ができなくなる場合もあります。

それぞれの原因疾患によって治療法は異なる場合がありますので、先ずは病院で診断を受け、原因疾患の特定をする必要があります。