放置すると危険な坐骨神経痛

放置すると危険な坐骨神経痛

坐骨神経痛はお尻裏側から足先に走る坐骨神経に沿って症状をきたす神経痛で、その神経痛の症状は坐骨神経の圧迫の度合いによって違います。

坐骨神経がお尻から足先にまで通る体の中で一番長い神経で、その長さゆえに痛みが生じる範囲も腰部から足先までと幅広くなっているのが特徴です。

坐骨神経痛の初期症状は臀部裏側、中期は太腿裏側から膝、そして末期は足先までと痺れの範囲が広がっていき、症状は神経圧迫の度合いによって徐々に症状が下へと向かいます。

臀部や太腿裏側までの痺れであれば生活にそれほど大きな支障はきたしませんが、膝裏から足先へと広がってきた場合、日常生活に支障をきたすようになります。

坐骨神経痛は「進行性の神経痛」で、放置しておくと軽快することはなく悪化する一方です。

臀部や太腿裏側までの痛みや痺れを感じた時点で、専門医の診断を受け適切な治療をしておく必要があります。

さらに、坐骨神経には「知覚・運動・自律」の各神経も束になっているため、それらの神経が障害を受けると、下肢に感覚が無くなってきたり、歩きにくくなるなど徐々に運動障害や腱反射の欠如などが起こります。

運動神経が徐々に麻痺をしてくると、足の筋肉に脳からの命令がしっかり伝わらず、自分でイメージしている動作が実際にできないで、躓きやすくなったり、トイレが近くなったり(筋肉が緩んでしまうために、とめられない)といった症状が出てきます。

運動機能の障害が続くと今度は筋肉の衰えへと繋がっていき、他の筋肉にも悪影響を及ぼすようになります。

整形外科関連ではなく、内科関連で動脈硬化が原因で坐骨神経痛のような症状を引き起こす閉塞性動脈硬化症があります。
進行を放置したままの状態にしておくと、最悪の場合足を切断しなければならなくなる恐ろしい病気です。

左右の足にはしびれが起こっていたり冷感を感じたりする程度で、間欠破行は無かったものが進行していくと、歩行時に間欠破行になり、さらに進行すると安静にしていたり休んでいても足がとても痛くなってきます。

このようになる前に対処しなければなりません。
腰椎椎間板ヘルニアや、腰部脊柱管狭窄症も放置をしておくと大変危険な病気ですし、閉塞性動脈硬化症も足を失ってしまう危険性もある病気です。
坐骨神経痛を放置しておくのは危険です。