坐骨神経痛の対処と治療法

坐骨神経痛の対処と治療法

坐骨神経痛は単独で起こる「病気」ではなく、あくまでも何らかの原因となる病気が引き起こす「症状」なのです。つまり、原因となる病気を治療しない限り、坐骨神経痛も治まらないという事になります。

坐骨神経痛は多くの場合で、脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニア、腰椎の分離症、すべり症といった疾患が原因で起こります。

脊柱管狭窄症や、腰椎分離・すべり症などは体を後屈すると痛みが強くなり、椎間板ヘルニアは体を前屈すると痛みが強くなるといったように、原因疾患によって、神経痛を発症する時の条件が異なります。

痛みを生じるのは、腰を前屈した時なのか、腰を後屈した時なのか、歩いている時に足を着地させた時なのかなど、どのような体勢になった時に痛みを感じるかによって、ある程度原因となっている疾患を絞り込むことができます。

痛みや痺れが激しいときには、先ずは安静にすることが必要ですが、痛みが少し緩和してきたら病院で診断を受けるようにします。
その際に、どのような状況で痛みを感じたかを把握しておくと、医それを師に申告することで、診断と治療法につながります。

それぞれの疾患に適した治療法がありますので、この痛みに至った状況をしっかりと伝えることは原因疾患の特定をする上で医師の判断材料となり、重要なことでなのです。

医師は、患者からの申告に加えて、さらなる問診、身体的な検査(ラセーグテスト、腱反射等)、レントゲン検査、場合によってはMRIやCTによる検査なども行います。

原因疾患が確定したら、原因が上記のような整形外科関連のものであれば、治療は西洋医学,東洋医学,民間療法などさまざまあるのですが、それぞれの治療法には一長一短があり、どれが良い悪いというのは個人的な判断によるしかありません。

坐骨神経痛の原因疾患は、内科的な病気であることがあり、そのような場合には緊急を要することがあります。
あまり痛くないから・・といって放置するのは危険です。
早めに専門医の診断を受け、医師と相談をした上で、納得のいく治療法を選びましょう。