腰椎分離症から坐骨神経痛に

腰椎分離症から坐骨神経痛に

腰椎分離症は腰椎骨の一部である椎弓といわれる上下を繋ぐ関節突起の間で骨が分離してしまうことで症状が出るものです。

腰椎が分離して不安定になると、腰椎骨の前側部分が前方へと辷りだします。
これが腰椎分離すべり症ですが、この場合発症する坐骨神経痛は椎間板ヘルニアのそれと似たタイプとなります。
脊髄中枢神経から馬尾神経へと別れる場所で神経が圧迫を受ける事が主な原因だといわれています。

分離症は通常は腰痛のみですが、分離すべり症になると骨が分離しているその真の椎間孔(脊柱管の中から神経が脊柱管外に出る骨のトンネル)が狭窄され、腰の神経が圧迫されるようになります。

この為坐骨神経痛を生じ、臀部から大腿部、さらには下腿部に痛みや痺れを感じるようになります。

まず、歩く時には椎間孔狭窄のある側の下肢に坐骨神経痛の症状が現れ歩行障害を生じるようになるのですが、さらに進行すると、両側の下肢に同様の症状が現れてきます。

腰椎は、骨盤の中央にある仙骨の上部に5個積み重なっており、緩やかなカーブを描いています。

この緩やかなカーブが正常に保たれることによって、上半身を支える事が出来ていますが、腰椎の分離が起こると、カーブが乱れ、椎骨間にある椎間板や靭帯、筋肉にまでに異常な負荷がかかるようになります。

分離が起きた時点で治療を行い分離部の癒合ができればいいのですが、腰椎分離症自体は激しい症状が無いため放置されやすく、知らず知らずのうちに他の部位への負担が大きくなってしまいます。

分離がすべり症にまで発展しない為には、腰椎周辺の筋肉の強化を行い腰椎にかかる負担の軽減を図るようにしなければなりません。

日頃からの運動が重要となります。