坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛の原因

何らかの病気によって引き起こされるのが坐骨神経痛であり、病名ではなく症状名です。

原因となる疾患で多いのが椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離症・すべり症などです。

脊柱管狭窄症は、背骨の真ん中を通っている脊柱管が老化などの原因によって細くなり、中を走っている神経を圧迫することによって起こるものです。

腰椎分離症は、腰椎骨が分離(疲労骨折)してしまうものですが、分離した後不安定になり骨が前へ滑ってしまいます。
これが腰椎すべり症で、辷った椎体(椎骨の前側部分)が脊柱管の狭窄を起こし神経を刺激するものです。

椎間板ヘルニアは、椎骨間にあってクッションの役割を果たしている椎間板が何らかの要因で変性し、椎間板そのものや、中の髄核が突出る事で坐骨神経を圧迫することになります。

坐骨神経痛は疾患だけが原因となるわけではありません。
カルシウム不足が慢性化することによっても坐骨神経痛になることがあり、この場合には、腰痛、肩こりといった症状も現われるという特徴があります。

また、股関節、腰といった部分に継続して負担が掛かってしまうと、梨状筋という臀部の筋肉が坐骨神経を圧迫してしまうこともあり、これは筋肉が原因となる坐骨神経痛と云えます。

これは、坐骨神経が梨状筋の下を走っているため、梨状筋が疲弊して凝り固まることによって坐骨神経を圧迫してしまうために起こります。
この症状を梨状筋症候群といいます。

その他、腫瘍が原因で坐骨神経痛が引き起こされることもありこの場合には、非常に激しい痛みを伴うことになります。

また、老人に多いといわれる帯状疱疹というウイルス性の疾患が原因となることもあります。