坐骨神経

坐骨神経

坐骨神経痛はよく耳にする言葉ですが病名ではありません。
坐骨神経痛とはさまざまな原因で坐骨神経が刺激されることによって起こる神経痛のことで、症状の事をいいます。

坐骨神経は人の神経の中では、長さ太さも最大の末梢神経で、長さは人間の身長の5分の3程、太さは直径1cm程度あると言われています。

「坐骨」はすわったとき体幹を支える骨で、骨盤の下部に位置しています。
前面部分では恥骨とつながっており、寛骨という股関節を形成している骨の後下部を占める屈曲した骨です。

坐骨神経は腰のあたりから出てこの坐骨を抜けて臀部(梨状筋の下)を通り、更に太ももの裏やふくらはぎの裏を通って足先にまで伸びています。

皮膚に極めて近い所を走っているため、暑さや寒さ、気温の変化、圧迫や外傷などの刺激を受けやすく、いわば症状が出やすいともいえます。

坐骨神経は第4、第5腰神経と第1、第2、第3仙骨神経からできています。
仙骨神経叢から分かれた坐骨神経は、大坐骨孔を通過して梨状筋の下側から骨盤腔を抜けて大腿の後面に出て下行しています。

坐骨神経は下行しながら下肢に運動神経や知覚神経を出しており、坐骨神経痛の症状が、下肢の痺れや感覚障害、歩行障害である所以は、この運動神経や知覚神経が障害を受けるからです。

また、下肢のすべての関節にも神経枝が通っていますので、坐骨神経は骨盤の損傷や股関節の傷害などによって損傷されることが多いのです。

また、臀部に不注意に注射をすると、坐骨神経の損傷、麻痺などをおこすこともあります。
これは坐骨神経が梨状筋の中を走っていることも稀にあるので、注意を要する事項です。

腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症など整形外科的疾患で坐骨神経痛を発症することは良く知られていますが、腫瘍やストレスなどでも坐骨神経痛を発症する場合があり、原因の鑑別が重要です。

いずれにしても、坐骨神経痛を放置していては悪化するばかりです。
特に内科的疾患が原因の場合は、原因疾患が重篤化しないように早期発見・早期治療が大切です。