狭窄型の坐骨神経痛

狭窄型の坐骨神経痛

中年を過ぎる頃から足腰の痛みを実感するようになり、「年のせいかな・・」と思う事が多くなります。

坐骨神経痛の原因のひとつである腰部脊柱管狭窄症も、50歳を過ぎると多く見られるようになる疾患です。

脊柱管は背骨を構成する椎骨が連なってできている管です。
年齢を重ねることによって椎骨が脆くなる、椎骨間にある椎間板が変形する、また、椎骨同士を強固に連結している靭帯が厚肥するなどの変性を起こし、脊柱管が変形をしてしまいます。

背中が丸くなっている高齢者を良く見かけますが、これも椎間板が薄くなってしまったり、椎骨自体が弱体化して圧迫骨折などを起こすことが原因のひとつとなっています。

先天的に脊柱管が狭い人もいて、この場合は加齢による脊椎の変形は早くから起こりやすく靱帯は厚肥しやすくなるため、30代でも腰部脊柱管狭窄症を発症することがあります。

ただし、画像診断などで脊柱管が狭窄されていると判断されても、必ずしも坐骨神経痛などの痛みやしびれが起こるとは限っていません。

脊柱管の中には重要な脊髄神経(第1腰椎あたりからは馬尾神経となります)が走っていますが、脊柱管の変形が進み狭窄がきつくなると、その馬尾や神経根を圧迫して炎症を来たすようになり、坐骨神経痛などの痛みをはっしょうします。

症状があまりひどくなく、日常生活に支障が無ければ薬の服用や筋肉の強化などで痛みの軽減を図り手術を避ける治療を行います。

馬尾神経が圧迫されると症状は重症化して、歩行障害や排泄障害が現れるようになります。
この場合には日常生活が困難になりますので、手術の対象となります。

坐骨神経痛の原因が腰部脊柱管狭窄症である場合、上記のような酷くない状態であれば、体操やストレッチで痛みやしびれの症状を改善することは可能です。

しかし、高齢者に多い疾患ですから筋肉の働きが弱く骨がもろくなっていることもありますので、無理に運動を行なうと症状が悪化してしまうこともあります。

無理は禁物ですので、かかりつけの医師や理学療法士の指導の下、適切なストレッチ方法を習得し、効果を1週間ごとに確認しながら進めて行くようにして下さい。