坐骨神経痛の「補完代替療法」

坐骨神経痛の「補完代替療法」

坐骨神経痛を発症する原因となる疾患は色々です。

しかし、坐骨神経痛の症状がある方は、何としても先ずは「痛みを取り除きたい」いう気持ちになってしまいますが、これは当然のことです。

それゆえ、本来であれば、まずは原因疾患を特定し、その疾患に応じた治療を行って行く事で坐骨神経痛を改善していくようにするのが望ましいのですが、辛い痛みから解放されたいがために民間療法を色々試してみる方も沢山いらっしゃるようです。

民間療法には鍼灸治療や整体、カイロプラクティク、マッサージ、薬草治療などがありま、これらを「補完代替療法」といいます。

ヨガや瞑想の練習で痛みから逃れようとする方もいらっしゃいます。
このような「補完代替療法」は、精神的・身体的・感情的と各方面から全身を把握し、健康を損なう問題を解消する治療法と考えられており、西洋医学のように、臓器の一つ一つに働きかけて痛みを取るというものではありません。

坐骨神経痛や腰痛などの慢性痛の改善法として、一般的に行なわれている「補完代替療法」をいくつか挙げてみます。

【鍼灸治療】

鍼灸治療は、中国古来の「人間の皮膚の下には生命力を意味する”気”が流れる経絡が通っている」という考え方に基づいて行なわれます。

東洋医学では、「この”気”が妨げられているから病気が生じるのである」という考え方があり、”気”の流れを正常にすることで人間本来の自然治癒力が回復するとしています。

鍼治療では1~20本の細い針を10~30分間、皮膚に差し込みむのが一般的です。
針を使うことで経路を妨げる物質を取り除き、気の流れを円滑にしていこうというものです。

近頃は西洋医学でも、特定の症状に関しては鍼灸治療の有効性を認めており、頭痛や腰痛・関節炎・歯の痛みや喘息の治療などにも有効であると考えるようになっています。

更には、患者さんによっては副作用が少ない治療法として、積極的に東洋医学での治療を取り入れる方がいらっしゃいます。

【指圧】

鍼灸治療と同じく「”気”が流れる経路がある」という考え方に基づき行なわれています。
指圧師は母指を中心とした四指と手掌のみを使用し、全身にあるツボと呼ばれる指圧点を押圧し、本来人間の身体に備わっている自然治癒力の働きを促進させる事を目的に行う、日本独特の民間療法、手技療法です。

これは広く行なわれている治療法で、ストレスや痛みを緩和できると効果を実際に感じた患者さんも多いと聞きます。

しかし今のところ、これらの「補完代替療法」による効果は、医学的な裏付けは報告されておらず、人によっては効果も限定的な場合があるようです。

こういった民間療法での治療は、信頼のできる鍼灸院や整体院でしっかりと自分に納得のいく説明を受けた上で治療を受けることが大切なのです。