坐骨神経痛の起きる原因

坐骨神経痛の起きる原因

神経の本元は脊髄です。
脊髄は第1腰椎と第2腰椎間で終わり、それから下は馬尾神経となります。
この馬尾神経は、この名前の通り馬の尾のように細く小さな神経が1本1本集まって束となり、その神経の束が硬膜という袋の中にあって脊髄液に浮かんでいるのです。

そして、その神経が神経根となり、椎間孔から出た後さらに神経根が集まって大腿神経や坐骨神経となります。
坐骨神経は腰椎の下の方の神経が何本か集まってできています。

神経根は椎間板の後ろを通っていますので、椎間板が後ろにとびだすと刺激されて痛みを生じます。
これが、椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛です。

その他、腰椎が疲労骨折を起こし、不安定になり少しずれて神経を圧迫するようになり、神経痛を発症することがありますが、これがスポーツ選手に多い腰椎分離症です。

腰椎は、上半身の体重を支えるところで、最も障害が起こりやすい箇所です。
そのため、椎間板ヘルニアや、腰椎分離症などを起こしやすく、坐骨神経を圧迫しその走行経路である殿部から大腿部の後を通って下腿へと痛みが現れ、下腿では後ろから足底にかけて痛む場合と、膝の前から足背にかけて痛む場合があります。

痛む箇所は人それぞれで、殿部周辺のみの場合もあります。
また一般的には一側性(左右どちらか)ですが、第4腰椎が前方(お腹側)にずれて、神経根を圧迫している場合や、ヘルニアが大きいと両側に痛みが出る事があります。
また、糖尿病等の代謝性の疾患による坐骨神経痛も両側に痛みが出る事があるようです。

また腰椎椎間板ヘルニアや腰椎すべり症、変形性腰椎症等が原因の場合には治癒に時間がかかります。

坐骨神経痛は年齢により発生原因が異なっており、若い人の場合最も多いのは、腰椎椎間板ヘルニア、次に梨状筋症候群です。

腰椎椎間板ヘルニアは比較的急激には発症し、ラセーグ徴候は陽性です。
ラセーグ徴候とは仰向けの状態で膝を伸ばしたままで下肢を挙げた時に坐骨神経痛が増強するかどうかを見るものです。。

梨状筋症候群は比較的緩徐に発生し、通常はラセーグ徴候が陰性となります。
坐骨神経は梨状筋(お尻の肉)の下を通っており、梨状筋が疲労を起こし緊張すると坐骨神経が絞扼されます。
さらに仕事や運動でストレスが加わると、坐骨神経痛の症状が現れてきます。