婦人科疾患が原因で坐骨神経痛

婦人科疾患が原因で坐骨神経痛

腰の痛みや下肢の痛みを感じると、通常は坐骨神経痛を疑う方が多いと思います。

女性の場合は女性特有のさまざまな要因、つまり子宮内膜症や月経不順、冷え性、更年期障害などから、腰痛や坐骨神経痛を招くことがあります。

子宮内膜症とは、本来、子宮内腔にしか存在しないはずの子宮内膜組織が子宮以外の場所(骨盤壁や卵巣、卵管の表面)で増殖し、その場所で月経のたびに出血を繰り返しこの血液が体内に溜まる疾患です。

子宮内膜症の女性の中には頻繁に痛みを訴える人もいれば、まったく痛みを感じない人もいるようです。
また、月経のある時期に悪化したり、月経周期に関係なく自然にあらわれては消えたりする場合もあります。

月経痛、不妊症、月経過多による慢性的な貧血、不正出血などが見られ、他に性交痛や排便痛も特徴的な症状です。

痛みは、下腹部、背中、直腸部で押されるような痛みがあり、膣周辺の筋肉や太もも部分に放射状に流れると言われており、この痛みが坐骨神経痛と関係しているようです。

女性であれば、ある程度の生理痛は誰でも経験していると思いますが、日常生活に支障が出るほど痛むのであれば、子宮内膜症を疑ってみてもいいかもわかりません。

また、生理時以外でも下腹部に違和感や痛みがあるときは要注意で、同時に腰痛や股関節痛が起きる場合もあります。

子宮と直腸が癒着していると、排便時に肛門の奥が痛むことがあり、このような症状があれば、子宮内膜症の可能性があります。

一度できてしまった癒着部分は薬では治療できず、手術しか治療法がありません。
生理のたびに症状が進んでしまいますので、とにかく早めに治療をしなければいけません。

また女性には妊娠、出産があります。
妊娠すると大きくなるお腹のために姿勢はそり腰になり、生理湾曲が崩れ腰痛や下肢痛の原因となります。

また、ホルモンバランスの変化や急激に大きくなるお腹のため、子宮周辺の血液の流れが悪くなることも神経痛の要因となります。

妊娠・出産により骨盤に歪みが生じる事も、腰痛坐骨神経痛の大きな原因となります。
しかし、この場合の痛みは出産することで解消に向かうことがほとんどです。