馬尾神経腫瘍と坐骨神経痛

馬尾神経腫瘍と坐骨神経痛

慢性的な坐骨神経痛や腰痛があるので医師の診断を仰いだところ、原因が馬尾神経腫瘍であったというケースがあります。

この腫瘍については、すでに体の他の部位に発生していたものが腰椎に転移したケースもありますが、脊髄で発生する事もあり脊髄で発生した腫瘍は脊髄腫瘍と総称され、馬尾神経腫瘍も脊髄腫瘍のひとつです。

はじめは、よくある坐骨神経痛かとあまり深刻に考えていない事があるのですが、MRI検査で精査すると、馬尾神経腫瘍であることが発見されます。

馬尾神経は脊髄神経が腰椎で枝分かれをし、多数の神経が馬の尾のように束になったもので、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などによって馬尾神経が圧迫されることが原因で、坐骨神経痛や排泄障害を起こしていることが多く、腰痛症の場合馬尾神経が深く関わっていることが多いのです。

馬尾神経腫瘍は殆どが良性腫瘍ですが、腫瘍が大きくなると大きな痛みを伴う症状に発展する事があり、早期診断と早期治療が重要です。

また、稀に悪性の馬尾神経腫瘍ということもありますので、注意して検査する必要があります。

確かに馬尾神経腫瘍が小さい時には痛み、痺れ感などの自覚症状は殆どありませんが、腫瘍が大きくなるにつれて腰痛や下肢の痛み麻痺、痺れ感など神経的な障害が生じてくるようになります。
そして馬尾神経腫瘍が進行してくると、少し動いただけでも激痛が走るようになる場合が出てくるようになります。

いずれにしても正確な診断をして悪性か否かを知る必要がありますので、坐骨神経痛が疑われた場合は、整形外科で検査を受けるようにすることが大事です。

馬尾神経腫瘍の摘出手術は神経を手術することになるので後遺症となるケースも考えられます。
よって馬尾神経腫瘍が良性の場合で生活に支障が無ければ、緊急手術をすることはあまりありません。

しかしながら、馬尾神経腫瘍は年齢を重ねるごとに大きくなり、自然縮小や消滅するケースは殆どありません。

腫瘍が大きくなることで坐骨神経痛の症状が悪化し、馬尾神経全体に激痛が走る、間欠跛行が出てくる、排泄障害があるなどで、かなり生活に支障きたす恐れがありますので、摘出手術をするケースも少なくありません。