トリガーポイント注射

トリガーポイント注射

トリガーポイントとは痛みをおこす「引き金となる点」です。
肩こりや頭痛、腰痛、坐骨神経痛などの痛みの原因は「筋肉」の疲労や血行不良による緊張と硬縮です。

疲労や血行不良が重なると、首、肩、背中、腰、お尻などの筋肉は、ロープ状に硬くこわばります(索状硬結)が、このような筋肉には押すと痛みや気持ち良さを感じるポイントがあります。
これが「トリガーポイント」で、いわゆる「ツボ」と同じようなポイントです。

しかし、実際には指先で指すような小さなポイントとではなく、痛む箇所はもう少し広くなります。

トリガーポイントとは筋肉の炎症部分と考えられ、このトリガーポイントに局所麻酔注射をして痛みを取り除くのがトリガーポイント注射です。

坐骨神経痛の痛みやしびれは、整形外科的には神経が圧迫されることに原因があると考えられていますが、実は腰痛のみならず肩こりや関節痛なども、筋肉の炎症が神経圧迫の原因をつくっていることが多いのです。

トリガーポイントというと筋肉の筋膜や皮膚、腱、靱帯、骨膜などが知られています神経根を覆っている硬膜(硬膜の袖)にもトリガーポイントが発生することがあります。

神経根を覆っている硬膜(硬膜袖)の前面には、侵害受容器がありこれが刺激を受けると痛みが発生します。
炎症が発生していれば、神経根が圧迫されていなくても痛みが発生します。
椎間板ヘルニアの激しい痛みは殆どがこの痛みです。

トリガーポイントは筋肉の外傷や、悪い姿勢、スポーツなどによる反復性の筋緊張が原因で生じることが分かっています。

トリガーポイントからの関連痛は頚や腰において、痛みは神経の放散痛と間違えられやすく、しびれ感は神経の圧迫と間違えられてもいます。

筋肉からくる痛みを、筋・筋膜症疼痛症候群とする事で、筋肉由来の痛みを神経圧迫による痛みと分ける医師もいますが、整形外科の医師のなかには、坐骨神経痛と筋・筋膜痛の関係を重視する方もいます。しかし、このような医師は数が少ないことも事実です、

トリガーポイント注射はいわゆる神経ブロック注射ではありません。
トリガーポイント注射を打ったからといって、坐骨神経痛等の痛みがすべて取り除かれるということではありません。

長時間筋肉にストレスがかかる姿勢や動作を強いられる方や、椎間関節性腰痛・椎間板性腰痛、高齢者に多い筋肉の柔軟性が失われ血行不良が慢性化しているケースなどは、トリガーポイント注射の効果があらわれにくい事もありますので、その点は理解しておかねばなりません。

トリガーポイント注射の有効性は、腰痛の症状によって左右されるいう点も気にはなるところですが、逆に考えれば、トリガーポイント注射の効果から、疑われる症状の絞り込みができることにもなるわけです。