坐骨神経痛の原因疾患

坐骨神経痛の原因疾患

坐骨神経痛はよく耳にする名前ですが、病名ではありません。

坐骨神経は第4・5腰椎神経及び第1~3仙骨神経で構成されていて、人の体の中で一番長くて太い神経です

坐骨神経痛はこの神経が圧迫されることで起きる症状で、圧迫の原因には下記のような様々な疾患が関わっています。

【椎間板ヘルニア】

椎間板は、背骨を構成している椎骨と椎骨と間にあり、体への衝撃を吸収するクッションの役割を果たしています。

椎間板は軟骨成分で組織されており、健全な状態では水分が多く弾力性に富んでいます。
しかし、老化や過大な負荷などによって、椎間板自身が変形してはみ出したり、椎間板内部の髄核が表面の繊維輪から飛び出してしまうことがあります。

このはみ出した繊維輪や髄核が神経を圧迫すると、坐骨神経の通っている範囲(腰部から下肢の足先まで)に痛みや痺れなどの症状が現れてきます。

【脊柱管狭窄症】

背骨には中央に脊柱管という管(トンネル)、があり、その中を重要な脊髄神経が通っています。

その脊柱管が、椎骨や椎間板、靭帯などの老化により狭くなってしまい、中にある神経を圧迫し、痛みや痺れの症状が出る疾患が脊柱管狭窄症です。

しばらく歩いていると、腰や足に痛みやしびれ、つっぱり感などの坐骨神経痛の症状が出て途中で歩けなくなりますが、しばらく休んでいると又歩けるようになるという特徴があります。

【腰椎の分離・すべり症】

腰椎の分離は、腰椎骨の椎弓付近の骨が切れてしまった状態の事をいい、骨が充分に成長していない子供の頃にハードなスポーツをするなどして、大きな負荷が腰部にかかって起きた疲労骨折ではないかといわれています。
この分離は、仙骨と腰部のつなぎ目である第5腰椎に多く見られます。

問題は分離した状態で不安定になることから、椎骨の前側部の椎体が直下の椎体に対して前方へズレすべってしまう腰椎すべり症を引き起こしてしまう事で、滑った椎体が脊柱管を狭窄するようになり坐骨神経痛の症状を発症するようになります。

【梨状筋症候群】

坐骨神経はお尻の筋肉、梨状筋の下を通って下肢へと向かっています。
スポーツや仕事などで腰部を酷使し続けると、この梨状筋にもストレスが及ぶようになり、血流も悪くなり凝り固まってしまう事があります。
このことにより坐骨神経が圧迫されてしまうと、坐骨神経痛の症状が現れます。

【腫瘍】

体のどこかに有った腫瘍が背骨や脊髄に転移したりすると、坐骨神経痛の症状が出ることがあります。

この場合の痛みは安静にしていても軽快することはありません。
昼夜関係なく痛みが続くなど、単なる腰痛とは違った症状を呈しますので、早急に病院へ行く必要があります。

主に以上のような疾患が原因で坐骨神経痛を発症していることが殆どです。
梨状筋症候群の場合を除いて、放置していても改善されることはなく、悪化してしまいますので、腰に痛みが続いた後に、坐骨神経に沿った痛みやしびれが出るようであれば、まず整形外科で検査を受けようにして下さい。